○ プロフィール

麻阿りんママ

Author:麻阿りんママ
大阪在住。

○ 最近の記事
○ 最近のコメント
○ 最近のトラックバック
○ 月別アーカイブ
○ カテゴリー
○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

--/--/--//-- * --:--
○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2017/03/23//Thu * 12:51
○リフォーム第2弾


ただいまキッチン、クロス張り替えのリフォームちゅうです。今日で3日目。


2ヶ月前のお風呂、洗面、トイレのリフォームが終わってから麻阿の調子が崩れたので、今回もヒヤヒヤです。


麻阿は働くおじさんが大好きなので職人さんがやってくるとシッポふりふりでお出迎えし、早く入って~っと部屋に案内し、そのあとしばらく愛想を振ってからソファでくつろぎます。



    2017032201.jpg


横のキッチンでは電気周りの工事中。


さすがに大きな音が出るのでこのあとは抱っこして2階へ強制退去させました。


合間を見つけて散歩。



    2017032202.jpg


家を空けられないので前の空き地や裏の田んぼだけの散歩です。


歩き足らない時はベランダをウロウロと徘徊させてます。


無駄に広いベランダがこんな時に役に立つなんて!(笑)


麻阿はあまりストレスは感じていないようですが、私が今回はストレスが溜まってます。


キッチンで料理が出来ないから食事がいい加減になってるのも原因かもなぁ。


ちゃんとしたご飯をちゃんとした器でちゃんとした椅子とテーブルで食べたいーーー。


リフォームは3月末までです。。。






    ========  覗きにきてくれて ありがとう  =========








スポンサーサイト



2017/03/16//Thu * 21:35
○突発性前庭疾患のその後

MRIから2日置いてかかりつけの病院に診察へ行き、吐き気止めの薬を5日分追加で処方。


甲状腺機能検査の結果は異常はないとのこと。


脳の萎縮が少々見えるので痴呆予防のサプリを紹介され、食欲が普段に戻ったら始めても良いのではと言われました。


この時分には頭の傾きもかなり減り歩く時に付き添わなくても良いくらいに回復してきました。


    [広告] VPS


ただやっぱりヨロヨロとよろめき、踏ん張れないのでフローリングにタイルカーペットを敷き詰めることにしました。


    20170022838.jpg
           この画像は少しあとの回復しつつある頃の物です

普段散歩の時はハーネスに変え、家に居るときは首輪ですが倒れてからは咄嗟に掴みやすいハーネスを常時着けてました。


ただノドへの食い込みが気になったのでソフトハーネスを購入。



     20170022839.jpg


柔らかくて汚れが付きにくい感じの生地です。  Fuzz Yard フィズヤード。


首の後ろが幅が広くて少し気になりますが。。。それと夏場は暑そうですが。


あ、そうそうベッドもついでに買いました。 


ベッド2つとソファ、好きなところで寝てます。




突発性前庭疾患になって麻阿が以前と変わったところ。


目が相当悪くなりました。視神経をやられた感があります。 


バランスは崩しやすい。


体調が天気に左右されやすくなった。


寒がりになった。


多少大人しくなった。


そして飼い主は過保護になった(笑)






今回記録として残したのは高齢犬の飼い主さんに「突然こういう事もありますよ」「必要な物は前もって準備しおくほうがいいですよ」「自分のコがどんな状態ならどこまで検査をするか、ある程度は考えておいたほうがいいですよ」と伝えておきたかったからです。


MRI検査、ほんとに必要だった?


と、思われるところもあるかと。ただこの時は「このまま飲めない、食べない状態が続いたら体力も落ち免疫も落ちる。それから慌ててやっぱりMRIを、と言うのでは出来ない可能性が高いし、余計に身体に負担。それならまだ体力のある今、治療方針を決めるためにも今か」と咄嗟に思いました。

最初に突発性前庭疾患です。と診断されていれば様子を見たかもしれないけど、症状が脳に腫瘍かも、だったので白黒つけたくて。

そのへんはワンコちゃんの症状にもよるし、飼い主さんの考え方にもよりますよね。





要はこういう決断を迫られる時がある、という事です。




ほんの少し頭の片隅に置いておくと良いかもしれません。





今回は記録だったので飼い主の気持ちは書きませんでした。


心身共にボロボロでしたが(たった数日なのに)友人の言葉や譲り受けた介護に便利な物、大切なオモチャ、私の身体を想ってくれた大量の湿布(笑)、今でも見るとウルウルします。


旦那も「彼女がいなかったらどうなってたやろうな」と。飼い主二人であたふたしてたかも。








これからまた同じ症状が出るかもしれません。今回はほぼ回復したけれど次はどうなるかは解りません。


脳も萎縮が見られるのだから、着実に老いは進行していくでしょう。


でも今回の事があって覚悟ができた気がします。


それにね、案外大変な事だけでもないのですよ。  おかしな事ですが幸せな瞬間がたくさんあるのです。


友人とも話しましたが「介護できる幸せ」ってあるよね。と。


そう思えるかどうかは飼い主しだいなのかもしれません。







       [広告] VPS

      リハビリかねて裏の田んぼでノーリード。お許しください。
      嬉しそうに旦那を追いかける足元もかなりしっかりしてきました。
      シッポがかわいくてニヤニヤしながら動画録ってました。



わかりにくいレポートになりましたね。すみません。


ちなみにMRI撮影の金額は7万5千円でした。  それ以外の診察や検査も加えるとおよそ10万円ほどかかったかと。


保険に入ってるので少しは戻ってくると思います。




また思い出したら色んな事を書いていきますね。




    ========  長々と読んでくださって ありがとうございました  ========









    




























2017/03/16//Thu * 20:59
○突発性前庭疾患 と言われてから

MRIの翌日 2月15日 から徐々に回復へ。とはいえ、ご飯の量は普段の半分にも満たないし、よろめきは酷いし歩く時は必ず横に付いていないといけない状態です。

     



         20170022837.jpg


2日間点滴をしなかったのでオシッコのペースが普段に戻りオムツも外れました。


ウンチは倒れた11日の朝、MRIを受ける朝の2回だけ。


少し食べ出してからも2日に1回のペースです。 よろめきながらも踏ん張ってる姿はがんばれ!と声が出ます。



体重は1週間で500グラム減りました。  ある程度脂肪がついてたので良かった(笑)



一日のうちほとんど寝ています。



    

20170022834.jpg


寝ている姿も普段のような感じに。 


夕方にはソファに飛び乗ることができました。



    20170022835.jpg


動けるようになったのは嬉しいのですが、バランスを崩しやすいので飛び乗るのも、飛び降りるのも補助をしないと危険です。


一度ソファのアームのほうにバランスを崩し、落ちかけました。


自分の思うどおりに身体はまだ動かないようでした。


ソファの周りにクッションやベッドを置いて落ちた時のダメージに備えました。





     ========  つづく  ========







2017/03/13//Mon * 17:08
○公園散歩



突発性前庭疾患の事について書いていますが、今日はちょっと休憩。



昨日の良い天気に車でぶいーんと公園へ行ってきました。


      201703120.jpg



ミモザは終わりかけでしたが、コヒガンザクラが見頃でした。



     2017031206.jpg



この公園、アップダウンがきついのでカート持参です。



     2017031201.jpg


快適じゃ~♪ って声が聞こえそうな顔で乗ってます(笑)



でもたまには歩きましょうね。



     2017031205.jpg



最近、家の周りの短時間散歩は足どりも軽いのですが、少し離れた所を散歩するとこんな感じにトボトボです。


でも歩けるって嬉しいね。


      2017031204.jpg



食欲は旺盛(笑) 旺盛すぎる(笑)



ポカポカの気持ちいい散歩でいっぱい陽を浴びました♪



        2017031203.jpg




また桜見に行こうね~。






     =========  覗きに来てくれて ありがとう  ==========








2017/03/08//Wed * 21:55
○MRI撮影

MRI撮影の朝はご飯は抜き、水は9時まで。


オムツをして車へ。私が抱っこ、友人が運転してくれました。


一時間半ほど高速を走るので少し心配しましたが、この日の朝は少し回復が見られて傾きながらもヨロヨロしながらも歩きウンチもしてくれたので少し不安も減りました。



病院に午前中に入り、診察後預けて夕方にお迎えの連絡が入る、というシステムです。


夕方4時ごろ連絡があり、というか昼ご飯を食べに外に出ただけであとはずっと待合室で話をしながら待ってました。


診察室で画像を見ながらの説明。


結果は脳、内耳に腫瘍は無かった。です。


脳の萎縮が多少みられる。




突発性前庭疾患という見立てでした。


上に貼り付けたリンク先を読んでいただくと解るように、突発性ということは原因がわからない。老齢犬に多く見られる、あるいは遺伝性とも言われているそうです。

それがきっかけで痴呆症状が出てきたり、一気に老化が進んだり、あるいはそのまま衰弱してしまうこともあったり、完全には回復とは言えないまでもほとんど以前と同じくらいに回復したり、と、その後の様子はさまざまなパターンがあるようです。


治療法は。 原因がわからないのでその症状に合った対処法という事。


麻阿の場合は吐く事はなかったのですが、ヨダレが出るという事は気持ちが悪いと言うこと、だから食欲もわかないので吐き気止めの注射を打ってもらっていました。

食べられるようになってからは飲み薬を1週間飲みました。


麻酔からも無事覚め、朝よりも歩き方もわずかにしっかりしてきたように感じました。

      

家に帰ってからすごく喉が渇いたようで何日かぶりに水を飲みました。これはすごく嬉しかった。。。


水を飲めたって事は食事も食べるかも、と少し茹でたササミをあげると食べてくれました!


帰ってきて相当疲れてるだろうに部屋の中をグルグルと1時間ほど歩き続け、これは痴呆が出たか、と覚悟をしたのですが後日先生に聞くと、麻酔から覚めると興奮状態になりそういう行動をする子がいる、との事でした。


夜にかかりつけの先生から電話がはいり、MRIの病院から説明を受けたそうです。 


これからの治療について少し電話で話し、明日、明後日は先生が休みなので3日後に再診。食事が摂れるようなら処方してもらっていた飲み薬で2日間様子を見ることに。もし食事が摂れないようなら明日、明後日も点滴に来てください、と。

20170022836.jpg
     友人が持ってきてくれた介護に便利な赤ちゃん用の持ち運びベッド、クーファンというそうです。


倒れてからとても寒さに弱くなり、部屋は夜じゅうエアコンで暖房、ベッドの下は電気カーペット、軽くて暖かいストールをかけてちょうど良いようでした。


この日の夜もオムツを履いて寝てもらいましたが朝起きてチェックしてもしていませんでした。


病院から帰ってたくさん水を飲んでたのに。点滴で強制的に摂る水分はやっぱり身体に吸収しにくく外に出やすいんでしょうね。





     ========  つづく   ========






2017/03/04//Sat * 21:59
○異変→検査

麻阿ももう14歳と7ヶ月。 幸いにも大きな病気もなく順調に老化の道を歩んでいます。


食欲もあり足腰も弱っているとはいえ、さほど気にするほどでもない。


耳はほとんど聞こえてないかも? 目はかなり悪くなっていて暗い所にいつも無い物があったりするとぶつかります。


でも生活に支障をきたすほどでもない。  麻阿の今のペースで毎日を楽しみ、穏やかに過ごしてくれていれば、と思っていました。


ここからは記録としてメモ書きのようになります。 私のその時の感情は書きません。




2月11日 土曜日の朝に異変が。


前日の夜の寝る前のお散歩も普通の足取り、溝もピョンピョン飛び越えてたのに次の日の朝、突然起き上がれなくなり、起き上がっても立てない。
支えて立たせても直ぐに倒れ込む。
首は傾斜して目はどこを見てるのか解らない。
ヨダレはポトポトと流す。
支えて起こした途端にオシッコをお漏らし。
ご飯も食べられない。
水も飲めない。
ぐったりとした状態になりました。




朝イチで診察してもらい、血液検査、レントゲン、心音、異常なし。
耳の中も綺麗。触っても痛がらない。


ただ眼球がかすかに上下に動いてる。と。



実はある事がきっかけでワンコの脳に関する事を調べる機会があったのです。
その時に眼振が左右は老化による前庭疾患、上下は脳に何か異常がある、と読んだ記憶があったのです。


なので、上下というのを聞いて不安が。





脳の異常も3つに分けられて


○ 感染
○ 炎症
○ 腫瘍


上ふたつの場合だと熱が出るはず。 でも麻阿は熱はなし。


ということは腫瘍の可能性があるかも。と。


それを確認するにはMRIしか無いということ。


さてここが飼い主が一番悩むところ。


MRIは全身麻酔なので危険も伴うしワンコにも負担です。



麻阿の場合は血液検査も心音も体力も全身麻酔に耐えられると先生の言葉と友人が私の背中を押してくれMRIを決めました。


もし脳に異常があるなら早めにステロイドを投与したいし、だけど炎症や感染ならステロイドは悪化させることになるので抗生剤。



それを判断するにはやっぱりMRIしかないかと。



通ってる病院では設備がないので一番早く予約の取れる所を先生に探してもらい紹介状を書いてもらいました。


病気の発症は2月11日。 MRI撮影は2月14日と決まりました。


それまでの間は点滴、吐き気止めの注射に毎日通いました。そして甲状腺機能の検査も。甲状腺機能の異常でもこういう症状が見られるそうです。これは直ぐには結果が分からないのでMRI撮影までには間に合わないかも。という話でした。



        20170022830.jpg
            身体が冷えるようで暖房がんがん入れてストールを掛けてました


その間、眼振がどんどん酷くなり、上下だったのが左右にも。???どういう事??? もしかしたら前庭疾患? んーー解らない。



はっきり言ってこの時は原因よりも麻阿の状態に対応するのに精一杯でした。


少しでも食べてもらいたいからアレコレと作るけど何も食べない。


起き上がろうとすると倒れるし、歩こうともするけど倒れるので付きっ切りです。オシッコも点滴をしてるので2時間おきに出るし、オムツの準備も無かったのでペットシーツの上にタオルケットを敷いてお漏らししたら直ぐに取り換え洗濯。



      20170022831.jpg
           ソファの背もたれに身体を預けるのが楽だったようです。
           タオルケットの下にペットシーツ。
           ヨダレがひどいのでハンドタオルを敷いてます。



夜は添い寝。


    20170022833.jpg



寝がえりしたそうな時は支えて向きを変え、たいていその時にオシッコが出ちゃうのでタオルケットやペットシーツの交換。


不思議と疲れていても麻阿の少しの動きでパッと目が覚めるのです。


そんな日が14日まで続き、さすがにMRI撮影の前夜はしっかり寝ないと当日は疲れるから初めてオムツをしてもらいました。



きっと嫌がるだろうな、と覚悟してたのにあっさりとオムツをさせてくれ、オムツの中でオシッコもちゃんとしてくれました。



検査当日は旦那が仕事を休めなかったので、友人が付き添ってくれました。




     ======== つづく ========











       










2017/03/04//Sat * 16:10
○近況

日差しが春に近づいてますね。


もう3月です。 


2月の麻阿はちょっと体調を崩し検査などを受けていました。


     2017022001.jpg


     
ちょっと老化も進んだかな。


でも今はほぼ回復しています。



        2017030301.jpg
            調子が悪くて寝ているわけではありません 笑
      

食欲も戻り、散歩も楽しんます。


また病気の事はまとめて書きますね。







        ========  覗きにきてくれて ありがとう  ========





[TOP]
copyright (C) 2006 麻阿りんママブログ all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。