○ プロフィール

麻阿りんママ

Author:麻阿りんママ
大阪在住。

○ 最近の記事
○ 最近のコメント
○ 最近のトラックバック
○ 月別アーカイブ
○ カテゴリー
○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

2013/08/11//Sun * 19:59
○「桜ほうさら」 宮部みゆき



桜のほのぼのとした装丁。



2013081101.jpg


カバーを外すと


2013081102.jpg


やっぱりハード本って好きだー♪


しかもページのすべてに


2013081103.jpg


桜の花びら。


目にも楽しい1冊です。






宮部さんの時代物、やっぱり味があって引き込まれます。



今回は少し黒く哀しい部分もあったけれど、読み終わって嫌な気分になることは全くなく、それよりも温かい気持ちになれる内容でした。それも主人公 笙之介の人徳と 笙之介をとりまく人々の温かさによるもの。



そして笙之介が桜の木の下で見かけた和香との出会いによるもの。











「桜ほうさら」とは、甲州の方言「ささらほうさら」をもじった言葉。



「ささらほうさら」とは、「いろんな事があって大変でしたね」という意味。



この小説の最後に和香が 「あの桜を振り出しに、短い間にいろんなことがありましたね」



「私たちの場合は さくらほうさら じゃありませんか」と言う場面に「桜ほうさら」の題名に納得できました。









sen2013.jpg






スポンサーサイト



Comments on this preview ○    









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 麻阿りんママブログ all rights reserved. [ template by *mami ]
//