○ プロフィール

麻阿りんママ

Author:麻阿りんママ
大阪在住。

○ 最近の記事
○ 最近のコメント
○ 最近のトラックバック
○ 月別アーカイブ
○ カテゴリー
○ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク

2015/11/11//Wed * 16:09
○中国茶の会




今日はMONO STYLEさんで陶芸家のキタイリカさんによる「作家と楽しむ中国茶の会」でした。



この前日まで色んな事があり、疲れ果ててたのですが夜には少し気持ちも落ち着き「明日のお茶会、楽しめそう♪」と、ぐっすり眠り、すがすがしく朝を迎え、さ~出かけようと家を出る直前に電話が。。。。母から。 激怒(爆) 詳しくは言えないけれど、あれは激怒して当然でしょう(笑)


眉間にシワを寄せながらMONO STYLEさんに到着。 眉間のシワを手で伸ばしてお茶会に参加しました(笑)



お店に入ると日常を忘れられる空間に。



さ、お茶会の始まりです。  以下 写真多いです。








雰囲気のあるしつらい。



   2015111101.jpg



中国茶のいろんな事をキタイさんから聞きながらまずは「菊茶」をいただきます。



中国茶には発酵の具合により色んな種類に分かれています。  菊茶はその中では花茶と言われる物に類します。



まさしく「菊の花」なのです。



この菊茶は「際泡法 さっぽうほう」という入れ方で。



大きめのお皿に菊茶葉を入れ、お湯を注ぎます。


2015111102.jpg



お茶っていえば急須という観念が最初から大きく崩されました。驚きです。



そして注ぎ方も



          2015111103.jpg




レンゲで浅めの杯に。 




2015111104.jpg



淡い淡い色。  香りもお茶というより、やっぱり花。  あ、ハーブティで似た感じのを飲んだのを今思い出しました!カレンデュラに似てるかも。



何杯もおかわりします。 飲むごとに味が濃くなるけれど、日本茶と違って渋みは出てきません。逆に2杯、3杯目のほうがおいしいかも。







そして次は東方美人というお茶。 これは青茶に類します。




これは蓋腕法(がいわんほう)という入れ方で。



まずは湯飲みを温め、お湯を捨てたら直接茶葉を湯飲みの中へ



    2015111105.jpg



これも驚き~。 茶葉を直接って~~@@



そこへ高い所からお湯を注ぎます。



2015111106.jpg



蓋をしてしばらく置きます。


おしゃべりしてる間にそろそろ飲みごろ。


蓋を開け、まずは蓋に移った香りを楽しみます。


その蓋で湯飲みの中に泳いでる茶葉を向こうに押し、飲んだ時に茶葉がクチの中に入りにくいようにします。



そして蓋を開けて飲む、、、、と思うでしょ?


それがなんと、蓋を少しだけずらして



     2015111107.jpg



その間からすするのです~~@@



    2015111108.jpg
      モデル 白魚の手の店主さん(笑)



これが結構難しい。指の短い私では不安定だったので左手を添えて飲みました。


ただ普通に蓋を開けて飲むのありだそうです。



で、この東方美人が、、、、 「おいしいぃぃぃ~~~♪」


まずは蓋に移った香りに驚き! すごくいい香りで「うわ~~」と声が出たくらいでした。


そして飲むとこれがもう~~悶絶もん(爆) フルーティなのです。 紅茶に似てるでしょ?と先生はおっしゃいましたが、紅茶だと渋みがあるけど、これは渋みがなく、ほんとにまろやか。 癒される。


そのおいしい東方美人と一緒に



     2015111109.jpg



先生手作りのお茶菓子。 クリームチーズに自家製栗の渋皮煮を刻んで巾着にしてあるそうです。



これがまたおいしい~~。 クリームチーズが中国茶に合うなんて@@



もうこの辺りで私の心は完全に癒されてました。  来て良かったーーー(笑)  ほんとは電話口で激怒したとき、今日はもう楽しめそうにないから行くの止めようか、、、と思ったのです。でも良かった、、、来て良かった、、、。心がほぐれて行くのが解りました。






この東方美人も何度もお湯を足して飲めます。 蓋椀式って湯飲みだけで飲めるので一人飲みにピッタリです。家でも試してみよう~。蓋のある湯飲みは無いけど(笑)





そして最後は凍頂ウーロン茶。



こちらは工夫式(くんぷうしき)という入れ方です。



   2015111110.jpg




この小さな急須がキュート~~♪ もちろんキタイさんの作品です。 



急須と湯飲みを温めます。



    2015111111.jpg


温め終わったらこの大きな器にお湯を捨てます。 大丈夫、器の中に台が重なっているので下にお湯が溜まります。(説明下手~)



2015111113.jpg



この凍頂ウーロン茶、普段飲んでるウーロン茶とは全然違う(笑) これからウーロン茶が飲めなくなりそう。 やっぱりいい茶葉ってのはおいしいのね。。。でも先生は「いいのはすごく高いです」と。 やっぱりね(笑) こんないいウーロン茶はお金持ちしか飲まないんだろうな~。



お茶菓子は栗きんとん、ひまわりの種。


ひまわりの種なんて初めて食べました。 もちろん生のじゃないですよ。 味付けされた市販の物です。 食べ方は歯で皮に割れ目を入れ、手で剥いて中の実を食べます。 塩、スパイスが効いていて癖になる~~。店主さん、すっごく気に入って食べまくってました(爆)





飲んだことのない中国茶、しかも無農薬のなかなか手に入らない中国茶を珍しい入れ方で、そして美味しいお茶菓子食べながら、中国茶の話に「へぇ~~」「ほぉ~~」と感心し、質問したり、ワイワイと時間も忘れて大いに楽しみました。来て良かった(しつこい?)



キタイリカさん、素敵な時間をありがとうございました。  とっても楽しかったデス♪






帰る頃には朝の眉間のシワは消えてました(笑)








sen2015-1.jpg






スポンサーサイト



Comments on this preview ○    









ブログ管理人にのみ表示を許可する

[TOP]
copyright (C) 2006 麻阿りんママブログ all rights reserved. [ template by *mami ]
//